諏訪二葉高校講演会

沖縄修学旅行の事前学習


 2014年10月9日、長野県諏訪二葉高校において1年〜3年生700人を対象に講演を行いました。松本深志高校に勤務されていたときに講演の依頼を受けた林先生が今回あらたに勤務されている諏訪二葉高校でも講演の依頼をしていただきました。特攻で戦死した長野県出身の上原良司の話と修学旅行の事前学習として沖縄戦の話を併せて行いました。
 諏訪二葉高校では毎年2年時の12月に沖縄へ修学旅行に行っている。1・2年生はその事前学習を兼ねて、3年生は復習ということで話をした。(安島太佳由)


諏訪二葉スナップ3.jpg

諏訪二葉スナップ4.jpg

人権学習。林先生の熱意

高校生に人権教育として熱心に、上原良司のことをはじめ戦争のことを語っている林先生の熱意には頭が下がる思いだ。日頃の教育で平和学習を取り入れながら生徒の意識を高めているという。長野県の高校の戦争に対する意識の高さはすばらしい。1〜3年生の生徒の感想文の中には生徒の熱い思いが込められている。やはり学校の授業の一環としてこのような講演の機会は、生徒たちにとっても印象に残るものになっているように思う。林先生の熱意によってこのようなすばらしい機会を与えられ、先生や生徒たちと同じ時間を共有できたことに感謝する。